“みのりの家”施工事例

大きなイチョウの木がある家!
[ 仙台市 / 二世代住宅新築注文住宅 ]

大きなイチョウの木がある家!の写真
大きなイチョウの木がある家!の写真
大きなイチョウの木がある家!の写真
大きなイチョウの木がある家!の写真
大きなイチョウの木がある家!の写真
大きなイチョウの木がある家!の写真 大きなイチョウの木がある家!の写真 大きなイチョウの木がある家!の写真 大きなイチョウの木がある家!の写真 大きなイチョウの木がある家!の写真

【延床面積】 150.29㎡(45.4坪)  【敷地面積】 490.62㎡(148.4坪)
【施工完了日】 2019年10月

動画で見る
【大きなイチョウの木がある家!】

施工中の様子を見る

大きなイチョウの広々2世帯住宅!

田んぼに囲まれた、仙台市内の眺望が良い敷地!ご実家を建て替えての2世帯住宅・新築工事です。 建主様からは「敷地内にある大きなイチョウの木を残したい!」というご要望があり、大屋根と1階屋根(下屋)を組み合わせて、広い敷地とバランスが取れるようにした外観です。 ダイニングには薪ストーブ!深秋から冬にかけて、薪ストーブ独特のやさしい暖かさで過ごすことができます。 室内外の洗濯干しスペースを確保したり、神棚・仏壇のある畳の間をつくったり、2世帯住宅のため特に「動線」と「収納」にこだわりました。 ご家族で伐採した宮城の良材・南三陸杉の大黒柱や、岩手県まで行って選んだ広葉樹の天板も存在感抜群です。 さらに、冬暖かく、夏涼しい!性能重視の高断熱高気密住宅です。断熱材には「壁:高性能グラスウール16K+天井:セルローズファイバー」を採用しています。

敷地内の大きなイチョウ

和室とつながる広々ダイニング・キッチン

ダイニングには薪ストーブも

広々と明るい洗面脱衣室

神棚・仏壇のある畳の間

岩手県で選んだ広葉樹の天板

施工中の様子を見る